2017年02月06日

2017年2月6日〜12日放送

●お話 万代栄嗣牧師

 どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。
 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。
ローマ人への手紙15章5〜6節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

2017年1月30日〜2月5日放送

●お話 万代栄嗣牧師

盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。
ヨハネの福音書 10章10節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

2017年1月23日〜29日放送

●お話 万代栄嗣牧師

では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。
私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。
ローマ人への手紙 8章31〜32節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

2017年1月16日〜22日放送

●お話 万代栄嗣牧師

ほむべきかな。日々、私たちのために、
重荷をになわれる主。
私たちの救いであられる神。       セラ
神は私たちにとって救いの神。
死を免れるのは、私の主、神による。
                          詩篇68篇19〜20節
posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017年1月9日〜15日放送

●お話 万代栄嗣牧師

すると、会堂管理者のひとりでヤイロという者が来て、イエスを見て、その足もとにひれ伏し、いっしょうけんめい願ってこう言った。「私の小さい娘が死にかけています。どうか、おいでくださって、娘の上に御手を置いてやってください。娘が直って、助かるようにしてください。」
マルコの福音書5章22〜23節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2017年1月2日〜15日放送

●お話 万代栄嗣牧師

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
テサロニケ人への手紙第一 5章16〜17節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年12月26日〜31日放送

●お話 万代栄嗣牧師

主は私たちが卑しめられたとき、私たちを御心に留められた。その恵みはとこしえまで。
主は私たちを敵から救い出された。その恵みはとこしえまで。
主はすべての肉なる者に食物を与えられる。その恵みはとこしえまで。
天の神に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。
詩篇136篇23〜26節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

2016年12月19日〜25日放送

●お話 万代栄嗣牧師

さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
ルカの福音書 2章8〜11節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

2016年12月12日〜18日放送

●お話 万代栄嗣牧師

御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。

そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」

「神にとって不可能なことは一つもありません。」
ルカの福音書 2章8〜11節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

2016年12月5日〜11日放送

●お話 万代栄嗣牧師

イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。
夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
マタイの福音書1章18〜21節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする