2016年12月19日

2016年12月19日〜25日放送

●お話 万代栄嗣牧師

さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
ルカの福音書 2章8〜11節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

2016年12月12日〜18日放送

●お話 万代栄嗣牧師

御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。

そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」

「神にとって不可能なことは一つもありません。」
ルカの福音書 2章8〜11節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

2016年12月5日〜11日放送

●お話 万代栄嗣牧師

イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。
夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」
マタイの福音書1章18〜21節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

2018 2018年12月28日〜12月4日放送

●お話 万代栄嗣牧師

兄弟たち、あなたがたの召しのことを考えてごらんなさい。この世の知者は多くはなく、権力者も多くはなく、身分の高い者も多くはありません。
しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。
また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。
コリント人への手紙第一 1章26〜28節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

2014年11月21日〜27日放送

●お話 万代栄嗣牧師

 だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。
 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。
 また、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なわない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。
 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。」
マタイの福音書7章24〜27節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

2016年11月14日〜2日放送

●お話 万代栄嗣牧師

悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。
正しい者たち。主にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。
詩篇32篇10〜11節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

2016年11月7日〜13日放送

●お話 万代栄嗣牧師

私たちの先祖の神は、あなたがたが十字架にかけて殺したイエスを、よみがえらせたのです。
そして神は、イスラエルに悔い改めと罪の赦しを与えるために、このイエスを君とし、救い主として、ご自分の右に上げられました。
私たちはそのことの証人です。神がご自分に従う者たちにお与えになった聖霊もそのことの証人です。
使徒の働き5章30〜32節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

2016年10月31日〜11月6日放送

●お話 万代栄嗣牧師

まことに、あなたの大庭にいる一日は千日にまさります。私は悪の天幕に住むよりはむしろ神の宮の門口に立ちたいのです。
詩篇84篇10節


posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

2016年10月24日〜30日放送

●お話 万代栄嗣牧師

あなたがたのところに行くときは、キリストの満ちあふれる祝福をもって行くことと信じています。
ローマ人への手紙 15章29節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

2016年10月17日〜23日放送

●お話 万代栄嗣牧師

 イエスは答えて言われた。「ああ、不信仰な世だ。いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。その子をわたしのところに連れて来なさい。」
 そこで、人々はイエスのところにその子を連れて来た。その子がイエスを見ると、霊はすぐに彼をひきつけさせたので、彼は地面に倒れ、あわを吹きながら、ころげ回った。
イエスはその子の父親に尋ねられた。「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」父親は言った。「幼い時からです。
 この霊は、彼を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」
するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」
マルコの福音書9章19〜23節

posted by JGM at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージの引用箇所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする